入れ歯が痛い・壊れた~義歯~

お口に合う入れ歯で快適な生活を手に入れましょう

お口に合う入れ歯で快適な生活を手に入れましょう

お口に合わない入れ歯ほどつらいものはありません。話をするのも、食事をするのも嫌になってしまってはせっかくの入れ歯の意味がありません。作ったときにはぴったり合っていた入れ歯でも、最近は違和感がある……という方はいらっしゃいませんか。お口の状態は経年によって変化します。入れ歯でお悩みの方は久喜市の歯医者「清水歯科医院」へお気軽にご相談ください。

こちらでは、当院が入れ歯(義歯)についてご説明します。

合わない入れ歯を使い続けるデメリット

合わない入れ歯を使い続けるデメリット

合わない入れ歯を使い続けていると、周りの歯や歯ぐきを傷めたり、顎の骨に影響を及ぼしたりすることがあります。顎の骨がゆがむと、それは次第に全身のゆがみにつながり、頭痛や肩こりなどの原因になることもあるのです。入れ歯の違和感はそのままにせず、早めにご来院ください。

院内技工室で精度の高い入れ歯を制作します≫

≪院内技工室で精度の高い入れ歯を制作します≫

久喜市の清水歯科医院は、院内に歯医者としてはまれな歯科技工室を完備し、患者さんの細かなご要望にお応えしております。院内に歯科技工士がいることにより、入れ歯の微妙な調整にもすぐに対応。入れ歯作りもスピーディーです。

正しい入れ歯のお手入れ方法

正しい入れ歯のお手入れ方法

入れ歯は大変デリケートにできています。患者さんの大事な身体の一部といえる入れ歯、大切にお手入れをして快適に使用しましょう。

入れ歯のお手入れのポイント
【Point1】いつも清潔にしておきましょう 【Point2】乾燥に注意しましょう
入れ歯は専用の洗浄剤とブラシでやさしく洗いましょう。天然歯用の歯磨き粉や歯ブラシでの洗浄は入れ歯を傷つけ、結果的に入れ歯の寿命を短くしてしまいます。 入れ歯は乾燥に弱く、乾くと壊れやすくなります。就寝中などはずしている間はお水に入れて保管してください。
【Point3】やさしく取り扱いましょう 【Point4】定期検診を受けましょう
入れ歯は精巧に作られているので、素材の種類に関わらず落とすと割れることもあります。また乱暴に扱うと傷ついたり、ゆがみが生じたりして、患者さんのお口の中を傷つけることがあります。 お口の状態の変化にともない、作ったときにはぴったりだった入れ歯が合わなくなることがあります。入れ歯が外れやすくなった、食べ物が咬みづらい、話しづらくなったなど、気になる症状がありましたら早めにご来院ください。また当院では、患者さんに快適に入れ歯を使用していただくため、定期検診でのメインテナンスをおすすめしております。

取り扱い入れ歯のご紹介

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

【メリット】

  • 金属の留め具を使用せず、歯ぐき部分がピンク色をしているため、見た目が自然
  • 柔らかい素材で装着感がよい
  • 周りの歯に負担をかけない

【デメリット】

  • 経年劣化で変色しやすい
  • 急激な温度変化に弱い
  • 食べ物の温度が伝わりづらい
  • 自費診療なので、費用が比較的高い
  • 修理が難しい
金属床義歯
金属床義歯

【メリット】

  • 床部分が薄く作れるので、装着時の違和感が少ない
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 耐久性がある
  • 汚れが付着しにくい

【デメリット】

  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 自費診療なので、費用が比較的高い
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

【メリット】

  • 磁力で固定するため、ずれにくい
  • クラスプ(針金)を使用しないので、入れ歯だとわかりにくい
  • 他の歯を傷めることがない
  • 着脱が簡単で扱いやすい

【デメリット】

  • 歯根が残っている場合にしか適用できない
  • 磁石を利用しているので、磁力による問題が起こる可能性がある(MRI検査などの場合は画像がゆがむ)
  • 磁気アレルギーがある方は使用できない

≪TMCシステムのご紹介≫

≪TMCシステムのご紹介≫

TMCシステムとは、小型のマグネットが入ったチタンの被せ物、TMC(チタンマグネットクラウン)を入れ歯に利用したものです。従来の入れ歯と異なりバネを使用していないことから、見た目が自然で、軽くて丈夫という特徴があります。またマグネットを使用することから、ずれにくく、取り外しが可能。修理もしやくなっております。ぜひご検討ください。
※主に前歯が残っており、奥歯を多く失っていらっしゃる場合に使用いたします。

清水歯科医院へのご予約はこちらから