自分の歯のように咬める~インプラント~

自分の歯で咬める感覚を取り戻しましょう

自分の歯で咬める感覚を取り戻しましょう

入れ歯にしてから「硬いものが咬みづらくなった」「違和感があっていつまでも慣れない」という方や、事故や歯周病で「歯を失ってから体調がすぐれない」という方など、歯を失ったトラブルでお悩みの方はインプラントを検討されてはいかがでしょうか。最初は、人工歯根を埋め込む手術なんて……と躊躇されていた患者さんからも、「インプラントにしてから食事が楽しくなった」「まるで自分の歯のようだ」とたくさんの喜びの声をいただいております。

こちらでは、久喜市の歯医者「清水歯科医院」がインプラント治療についてご説明します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療は外科的手術をともない、自費診療であるために比較的高額な治療です。当院では、インフォームドチョイスという考え方を重視し、治療について事前にしっかりご説明してから、患者さんご自身にどうされるかお選びいただきます。患者さんに無理にお勧めすることはありません。ここでは、インプラント治療の様々なメリット・デメリットについてご説明します。

メリット デメリット
  • 見た目が自然
  • 自分の歯のように、違和感なく咬むことができるようになる
  • 入れ歯より咬む力が強く、硬いものもしっかり咬めるようになる
  • よく咬めるようになることで、まわりの歯や顎の状態が改善し、体調がよくなる
  • 自費診療なので、費用が高額
  • 外科手術が必要
  • インプラントと骨が結合するまで待つので、治療期間が長い
  • 定期的なメインテナンスが必要
  • 糖尿病など、全身疾患があると治療が受けられない

インプラントを安全に行うための取り組み

個室オペ室

個室オペ室

当院ではインプラントを含め、手術を必要とする症例の場合、徹底的な衛生管理のもと、設備の整った完全個室でのオペを実施しております。診療スペースから隔離されているため、院内感染のリスクは最小限に抑えられます。患者さんのプライバシーも保たれますので、落ち着いた雰囲気の中、リラックスして治療にのぞんでいただけます。また医師も手術に集中できるので精度の高い治療が可能です。

歯科用CT

歯科用CT

安全なインプラント治療には、術前の正確な顎の骨の状態、神経や血管の位置などの把握が欠かせません。歯科用CTを使った立体画像では、通常の平面的なレントゲンではわからない骨の厚さや奥行きまで確認できるため、術中に神経や血管を損傷するリスクを大幅に減らせます。清水歯科医院では精密な画像データをもとに正確な手術のシミュレーションを行い、インプラント手術を成功へと導きます。

シムプラント

シムプラント

歯科用CT撮影を行っても、それを使用して正確な手術のシミュレーションができなければ意味がありません。シムプラントはCT撮影をした画像を解析し、顎の骨と神経を立体的にコンピューター上に再現。患者さん一人ひとりに最適な手術プランを立てることができるシミュレーションソフトです。当院ではCT撮影とシムプラントを用いて術前に患者さんに丁寧に手術内容を説明し、きちんと把握していただいてから治療を行っております。

ピエゾサージェリー(バリオサージ)

ピエゾサージェリー

インプラントを埋め込む際に、神経や血管を傷付けないために使用する器具がピエゾサージェリーです。3次元超音波振動を利用して、顎の骨を切削する深さや長さを正確にコントロールし、最小限の骨だけを削ることができるので、より安心・安全にインプラント治療が行えます。

インプラント治療は医療費控除の対象になります

医療費控除とは、自分や家族が1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けられる国の制度です(医療費控除の申請には領収書が必要です)。歯の機能回復を目的としたインプラント治療は、医療費控除の対象となります。ただし、支払いが分割の場合、該当期間に支払った金額だけが控除の対象になりますのでご注意ください。

インプラント治療は医療費控除の対象になります

※1 治療費を支払った年の1月1日~12月31日までの医療費
※2 その年の合計所得が200万円未満の場合は、10万円ではなく所得金額の5%

清水歯科医院へのご予約はこちらから