痛みや負担の少ない治療ができます

痛みや負担を抑えることができます

痛みや負担を抑えることができます

歯医者の治療は痛い、怖いという印象が強く、受診を先延ばしにしてしまう方はたくさんいらっしゃいます。そこで、久喜市の歯医者「清水歯科医院」では、レーザー治療やダイアグノデントなどの最先端の医療機器を導入し、痛みの少ない治療をご提供しています。中でも、麻酔による痛みを軽減するため、表面麻酔、極細注射針、電動麻酔器など様々な機器を採用し、無痛治療の実現に努めています。

痛みや負担をできる限り抑える取り組み

【保険適用!】負担を抑えるレーザー治療のメリット

負担を抑えるレーザー治療のメリット

レーザー治療のメリットは、痛みを緩和させる作用があるので、術中・術後の傷みが少ないことです。また、滅菌作用もあり、スピーディーに治癒できるので患者さんの負担も少なく済みます。全身疾患のある方や、妊婦さんにも使用できる安全な治療機器です。久喜市の清水歯科医院では、炭酸ガスレーザー(画像:右)とEr:YAGレーザー(画像:左)という2台のレーザーを使用。炭酸ガスレーザーは主にレーザーメスとして歯肉の切開などに使用します。また、Er:YAGレーザーは虫歯治療に使用できる唯一、歯を削ること、保険が適用されることが認可されたレーザーです。歯を削ることができるレーザーなので、ドリルによる「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動がありません。患者さんの症状に合わせて、以下のようにそれぞれを使い分けています。
※一部保険適用外がありますので、ご相談ください。

Er:YAGレーザーの用途 炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)の用途
  • 歯質強化
  • むし歯や歯周病の治療
  • 歯の根の治療の際の殺菌
  • 抜歯後やインプラント手術後の止血や治癒促進
  • 口内炎の治癒促進や痛みの緩和
  • 親知らずのトラブルによる腫れや痛みの緩和
  • 顎関節の痛みの緩和
  • 知覚過敏の治癒促進や痛みの緩和
  • 矯正治療中の歯の移動にともなう痛みの緩和
  • 歯ぐきの黒ずみ治療(メラニン除去)
  • 止血
  • 初期虫歯の治療
  • 歯の根の治療
  • 歯の表面の強化
歯を削り過ぎない~ダイアグノデント~

歯を削り過ぎない~ダイアグノデント~

ダイアグノデントは、虫歯の早期発見・早期治療に役立つ検査機器。虫歯を初期段階で発見できるので、歯を削る量を最小限にすることができます。さらに、視診やレントゲンなど肉眼では見逃しがちな奥歯の溝にできた虫歯の発見をすることも可能。歯にレーザーを当て、反射光を解析することで歯質の変化を見つけるのがダイアグノデントです。

痛みを少なくする取り組み

痛みを少なくする取り組み

麻酔は術中の痛みを麻痺させるために行いますが、麻酔注射そのものが痛いと感じる方も少なくありません。当院では、麻酔注射を打つ前に表面麻酔を行っています。ジェル状の麻酔薬を歯ぐきに塗ることで歯ぐきの感覚を麻痺させ、注射をするときの痛みを抑えます。

痛みを少なくする取り組み

また、注射には電動麻酔器を使用。従来の手動で行う麻酔注射は、麻酔薬の注入スピードで生じる圧力により痛みを感じることが多くありました。電動注射器は、患者さんにとって最適なスピードで麻酔薬を注入してくれます。もちろん注射針は、33Gという極細注射針を採用。電動注射器と極細の注射針を使用することで、患者さんの痛みをできる限り少なくすることが可能になりました。

清水歯科医院の医療コンセプト、スタッフ紹介はこちらから