8月31日(土)6歳臼歯

8月31日(土)6歳臼歯

こんにちは!久喜市の清水歯科医院、歯科衛生士の山田です。

第一大臼歯は6歳頃に生えかわることから「6歳臼歯」とも呼ばれています。発育のはやい子供は、5歳頃に生えてくる場合があります。

他の永久歯に比べ、虫歯になりやすい特徴があります。

①歯が生えはじめてから歯が咬み合うまでの時間が、ほかの永久歯に比べて長いこと

②歯が生えはじめても、歯肉が覆い被さっている時間が長いこと

③歯の溝が深いこと

④乳歯の奥に生えるので、保護者が気付きにくいこと

など、咀嚼による自浄作用が働きにくく、歯磨きによる清掃が不十分になるため、虫歯になりやすいです。

仕上げ磨きをしてあげる事をおすすめします。
(『仕上げ磨き』を参考にしてください)

戻る